NEWS

2017年6月20日

業界初!ご遺族様の為の新WEBサービス
「tsunagoo(つなぐ)」
「フューネラルビジネスフェア2017」にて初紹介

進化する「葬祭サービス」本格的デジタル化の波!
業界初!ご遺族様の為の新WEBサービス「tsunagoo(つなぐ)」
「フューネラルビジネスフェア2017」にて初紹介
~会葬者へ訃報を配信・共有画面から供物発注までスマホで可能に~


遺影写真作成・加工サービス「MDS(メモリアルデザインサービス)」を展開する
株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼CEO 福田幸雄、以下 アスカネット)は、
ご遺族様から会葬者へ訃報をスマホで配信し、さらに共有画面から供物発注まで可能となる、
今までにないご遺族様向け新WEBサービス「tsunagoo(つなぐ)」を開発。
6月26・27日にパシフィコ横浜で開催される、
「フューネラルビジネスフェア2017」にて初紹介をいたしますので、プレスリリースにてお知らせいたします。

 

「tsunagoo(つなぐ)」特徴

1.訃報配信がスマホで簡単に

葬儀社スタッフが本サービスにアクセス→パソコンで故人様の情報を入力
→故人様専用の訃報をお伝えする為の「WEB ページ」が作られる。
さらに、このアクセス先URLと二次元コードが記載された用紙が「訃報紙」と共に出力されます。
ご遺族様はこの専用用紙より、ご遺族様や故人様のスマホに登録された方々にメールやLINE等で、簡単・正確に訃報を伝えることができます。
その他、葬儀の時に困ることの多い「届出・手続き」「お返し・香典返し」「焼香の仕方」など、葬儀情報やマナーも表示。

開発背景

ご遺族様は忙しく葬儀の準備をする中、訃報を関係各所に知らせなければならない。 家庭用ファックスが減少し、ご遺族様は電話で訃報をお伝えすることが増えている。連絡先がご遺族様とは面識がない場合も多いことや、口頭のため訃報の内容を正確に伝えられない場合も多い。

 

2.供物・供花の注文ができる

葬儀の情報を取得した人は、 そのまま WEB ページから供物や供花の注文が簡単に行えます。
クレジット決済も可能。

開発背景
通常、訃報を知った人が葬儀の行われる葬儀社に連絡し、供物等を注文する。 支払い方法は、現金、振込、クレジットなど様々であるが、葬儀社にとってクレジット以外の場合は、確実に支払われるか不安な面もある。また、供物注文をご遺族様経由で依頼する方も多く、ご遺族様は葬儀準備で忙しい中で、さらに注文内容を葬儀社に伝える手間があり、依頼者に供物の代金請求がしづらい。

 

3.遺影写真の原版のアップロードや完成遺影データのダウンロードが簡単に

ご遺族様は、本サービスで出力された専用用紙に記載のURLもしくは二次元コードより、スマホ内にある遺影写真の原版を簡単にアップロードできます。
葬儀社は上記データを瞬時に受け取ることができます。
さらに、ご遺族様は完成した遺影写真も同様に、本サービスで出力された専用用紙に記載されたURLもしくは二次元コードより、スマホにダウンロードできます。

開発背景
近年の住宅環境の変化で、遺影写真を鴨居に掛けることや仏間や仏壇を置くスペースが無い等の要因で、日常的に飾っておく家庭が減少。 その結果、故人の写真を見る機会が減り、故人を偲ぶきっかけが無い、又は少なくなっている。 また、完成した遺影写真は、紙での提供が主流なので、デジタルデータを求めるご遺族様が増えている。

 

その他の特徴


会葬礼状

二次元コードで読み取れるようになりました。


スマートチェリング(ゴールド)

別売りの手元供養三具足「スマートチェリング」なら、どんな住環境にも溶け込みます。各種カラーを取り揃えております。

< ニュース一覧へ戻る

葬儀社様専用
お問い合わせ先

0120-59-1223

営業時間/9:00〜17:00
定休日/毎週日曜


フォームはこちら >

※ こちらは法人向けのお問い合わせ窓口となります。一般の方は「遺影バンク」「遺影ラボ」各サイトよりお問い合わせください。